ネット上で何かが炎上しても、まさに対岸の火事というか、あーまた燃えてるなーとただ眺めているだけである。油を注ぎたくなったこともないし、消そうと思ったこともない。上手に実況中継してくれる人もいるけど、その人はその人で「分かりやすい中継ありがとう!」と言われて承認欲求を満たしているだけなんではなかろうか。そんな熱くならなくてもさ〜自分の中で(うわきもちわるっ)とか(変なの)とか思うだけにして、黙っとけばいいんじゃな〜いと思う。

 でも、そういえば最近私も許せないラジオCMがあったことを思い出した。何のCMだったか、企業名もコンセプトも思い出せないので宣伝効果がまず疑わしいけど、とにかく最初に女性が「フランスの作家、サン=テグジュベリはかつてこう言った」みたいなことを言う。明らかに「テグジュ”ベ”リ」と発音している。テグジュベリ。濁点多。そこはテグジュぺリでしょう。頼むわ。しかも確かフランスに関係するなんかのCMだったような(うろ覚えすぎ)。有名作家の名言を使ってドヤりたいなら、せめて正確にやって〜。結構許せなくてクレームのメールでも入れようかと思うんだけど、いつもそれ聞くの朝だから無理で、看過してしまってる。まぁこういうのは燃えてもせいぜい線香花火みたいなもんで、炎上はしないんだよね。

 ふとしたことがきっかけで、大量に眠っていた材料に火がついて燃え盛るんだからすごいよな。それで知名度グーンとアップなら良いんじゃないですか。

 次は何が燃えるんだろう。

 

蛇足:これ書いた後に「テグジュベリ」で検索したら結構出てくるのね。聞いたことなかったけど両方ありなのか?いやそこはやっぱり「Saint-Exupery」なんだから「ぺ」と言ってほしい。でもクレーム入れたら「どちらの言い方もあります」とか言われるのがオチなんだろなぁ。