書かれるべきことがないのに書きたい気持ちはある

何か書きたいという気持ちはあって、一応1000文字以上のかたまりはできるんだけど、読み返すとすんごいアホっぽくて削除。ということをこの1週間で3回くらい繰り返している。自分の詰めの甘さが丸見えで恥ずかしい。下書きにも保存しておきたくないくらい。

私は中途半端がいやなんだ。自分なりの「ひとまずここがゴール」と思う地点まで到達できないと、終わったことにできない。中途半端なまま形に残しておきたくない。「よし、とりあえずここまでだ」と何百回唱えてもだめで、体感として到達できてないとだめ。到達したふりをしてもすぐにソワソワムズムズしてくる。

 

この道をゴールするにはまだまだ時間がかかりそうだ、と思ったら別の道に方向転換する。この1週間は多分それの繰り返しで、どこにもたどり着かないままフワフワしてる感じ。

 

フワフワし続けてるのも何だか落ち着かなくて、やっぱり何か書きたくなる。書いてどこかに無理やりマイルストーンを置きたくなる。

ということでとりあえず今ここに。