ジタバタする

勝間和代が、YouTubeの視聴者からの質問コメントに、「ジタバタしてみてください」と一言シンプルに返信していたのが印象に残った。勝間和代レベルでも、そういえばジタバタしているように見える。ジタバタとは何なのか。

 

ある目的を成し遂げるために、「①実際に動く時間」が必要なのはもちろんだけど、それをできるだけ効率良く行うために「②どう動くのが最適か考える時間」もある程度は必要で、でも①をせずに②ばかりやって結局動けない人が多いから揶揄されている。本当は「動けない」のに、「動かない」だけだと上手く言い訳して自己正当化してプライドを保ってるように見えるし。

 

それはダサイから、自分はそうならないように、と意気込んでも、絶対に立ち止まるタイミングはあるので、その度に考えてしまう。で、そこで止まったままになったらおしまいだからと、何とか次の一歩を踏み出す。この「何とか次の一歩を踏み出す」を何度か繰り返している状態が「ジタバタ」なのではないか。

 

「正解は全然わかってないけど、とにかく動く」がジタバタかな。

 

 

何もしない人間も等しく価値はあって、別にそれも悪いとは全く思わないけど、適度な目的とか目標とかは良い刺激になるし、上手く乗りこなせればベストだと思う。